>

廃品回収の仕事

まず最初に、廃品回収の仕事についてお話したいと思います。

廃品回収とは、その名の通りいらなくなったものを回収してくれる業者ですが、一口に廃品と言っても条件があります。

廃品回収の対象になるものとしては、リサイクルとして生まれ変われる可能性が高いものやリサイクル出来る資源のものであり、それらを廃品から再生させる目的で回収をしています。

また、いわゆるちり紙交換の業者も廃品回収の一種とも言えます。

ところで、廃品回収のトラックが近所を走っているのを昔見たことがあるという方も多いと思います。
もちろん今でも一部では見かけられますが、最近の廃品回収は町内会やPTAの行事の一つとして行われていることが増えてきています。

回収されるもの

ところで、廃品回収で引き取ってくれるものはどんなものがあるのでしょうか。

回収の対象になるのは、新聞紙や雑誌、ダンボールなどの紙類が多いですね。
現に、これらが廃品回収で引き取られたものの大半を占めていますし、廃品回収と言えばこういったものを引き取っているというイメージをお持ちの方も多いでしょう。

最近はあまり見かけませんが、ちり紙交換も行っている業者では回収する量に応じて、トイレットペーパーやティッシュペーパーなどと交換してくれます。
むしろ、それら目当てで廃品回収を利用していたという方もかつてはかなりいらっしゃいました。

紙類以外では、びん類やタイヤ類も廃品回収の対象になっていますので、そういったものがご自宅にございましたら、お願いしてみてはいかがでしょうか。


似ているようで違う?廃品回収と不用品回収 

この記事をシェアする