>

廃品回収の場合

まずは、廃品回収のデメリットに触れていきたいと思います。

廃品回収は、前出のように昔に比べて減少傾向にあります。
ましてや、トイレットペーパーなどと交換してくれるところなんてもはやないに等しいです。
なので、そういったことを期待している方には残念ですが、廃品回収はこれからも少なくなっていくと思われます。

また、地域でも行っているところは現在でも多くありますが、そちらにもデメリットがあります。
それは、日程が限られているということです。
なので、それまで不用品を溜めこんでいなければなりません。
それに、土日に行っているところが多いので、平日にしか休みが取れない方はなかなか利用出来ません。
そして、ものによっては回収を断られてしまうこともありえます。

不用品回収のケース

続いては、不用品回収のデメリットを見ていきましょう。

廃品回収でしたら、ほぼ確実に無料で引き取ってくれますが、不用品回収の場合、基本的には無料なのですが状況によっては引き取りに多少のお金がかかってしまうことがあります。

また、依頼の際にも注意をしないといけません。
これはめったとないことですし、大半の不用品回収の業者は健全ですが、中にはかなりの悪徳業者が存在しています。
一例を挙げると、公式サイトでは無料とうたっていながら、後になって高額な請求を言い出したり、見積もりもろくにせずお客さんの話もろくに聞かずに作業を進めるなどの悪質なことをしています。
ですが、素人には一見どこが悪いのがわからないので、見極めが難しいというのも事実です。


それぞれにデメリットも存在している

この記事をシェアする